CHANCE UP

パチンコホールの業態

ホール企業の福利厚生

転職先としてパチンコホールを考えた時に気になるのが「福利厚生」に関することだと思います。パチンコ業界は福利厚生がしっかりしているイメージがありますが、実際の所はどうでしょうか。確認していきます。

目次

福利厚生が充実している企業が数多くある

パチンコホール企業は待遇が良いイメージがありますが、単純に給与面だけの優遇だけではなく福利厚生の意味でも充実している企業が数多くあります。理由は複数ありますが、やはり「人材不足」が影響しています。パチンコホールは元来イメージが良くないこと、そして現場においては「大音量」に曝されること、さらに過去においては箱の上げ下げなどでの肉体労働が発生していたこと、そしてタバコの煙がキツかったことなどの理由により離職率が高かった仕事でもあります。

従って「人がなかなか入らず」「入ってもすぐ辞めていく」というのがパチンコホールが抱える悩みの一つだったのですが、この問題への対応のため、ホール企業は採用において好待遇化を進め、また入った人が仕事を続けてくれるよう、福利厚生を充実させ続けてきた、という歴史があります。既にタバコの煙の問題や箱の上げ下げについてはほぼ解決している問題なのですが、福利厚生の充実は慣例的に続いており、パチンコホール企業の特徴のひとつになっています。

もちろん待遇や福利厚生の充実度は企業によって様々ですが、おおむね複数のホールを抱えるチェーン店は、同規模の他業界のサービス業関連法人よりも好待遇であることが多く、各社とも趣向を凝らした「働きやすい労働環境」の提供に向けた努力を続けています。

パチンコホール企業が提供する代表的な福利厚生の例

ではホール企業はどのような福利厚生を提供しているのでしょうか。ここでは実際にホール企業および関連法人のなかで採用されている福利厚生の代表例を紹介していきます。ただしこれは全ての法人が必ず採用しているわけではなく、実際に転職先を探す際にはその職場がどのような福利厚生を用意しているかをしっかり確認するようにしましょう。

【社宅・家賃補助】

パチンコホール企業を代表する福利厚生のひとつが「社宅」「家賃補助」あるいは「社員寮」の制度です。これは過去「パチンコホールは住み込みで働く人が多かった」という特質からパチンコホールのイメージのひとつとして定着しているものであり、実際にこれを採用する法人はかなり多く見られます。企業によっては「引越し費用(実費)」の負担をしてくれる場合もあり、他業界とは一線を画する手厚い福利厚生となっています。

【給与の週払い・前払い制度】

アルバイトスタッフの場合は給与の支払形態を「日払い」「週払い」さらには「前払い」で受けられる企業が存在するのもパチンコホールの特徴のひとつ。特に前払いに関しては過去はパチンコホールのみに見られる大きな特徴でした。

【制服貸与】

一般的には制服貸与とは「ベスト」や「ジャンパー」など上着のみを貸し出すことを指しますが、パチンコ業界においては「ワイシャツ」「ネクタイ」などを含めた全ての服装とそのクリーング費用までの全てを指し、実際にその福利厚生を採用している企業も数多くあります。

【人材紹介】

これも他業種ではなかなか見られない制度ですが、パチンコホール企業には「知り合いを紹介しそのひとが採用されたら」あるいは「紹介されたひとが一定期間勤めたら」、紹介者にインセンティブを支払うという制度を導入している場合があります。

【育休・産休】

産休や育児休暇が充実しているのもパチンコ業界の特徴です。さらに出産においてはお祝い金や、また子供が増える度に毎月の給与に育児手当が加算される給与形態を採用している企業もあります。

【傷病手当・給与補償】

これは労災の話ではなく、単純に怪我や病気で一定期間働けなくなってしまった際に、その間の給与を補償する制度です。どの程度の割合が補償されるのかは企業によって違います。また、任意加入の保険を利用する場合もあります。

【慶弔見舞】

慶事や弔事、つまり結婚や出産、または身内の不幸等があった際お見舞金が支払われる制度です。またこれにはその慶弔事で発生する休業中の給与補償も含まれる場合があります。

アルバイトから使えるものも多いが基本は「社員」になってから

これらの福利厚生は「アルバイト」から使えるものと「社員」になってから使えるもに別れています。家賃補助や制服貸与等はその性質上アルバイトから使える場合も多いのですが、このあたりの細かい規定については各求人を参考にしてください。

ただし、給与保証や育児手当、(社宅ではない)マンションの住宅手当などの強力な福利厚生については「社員」であることが条件である例が多いことから、パチンコホールへはアルバイトではなく社員として入社したほうが間違いなく「お得」です。他業種であれば「アルバイトや派遣社員時代のほうが給与が高かった」「社員になって損した」ということも多々ありますが、好待遇であるパチンコホールにおいては間違いなく「社員優遇」であり、せっかく用意された強力な福利厚生の恩恵を最大限に受けるためには、たとえアルバイトでの入社であったとしても一刻も早いキャリアアップを目指すべきです。

幸いなことにパチンコホールはキャリアアップのプログラムが充実しており、アルバイトから社員への登用制度も用意されている例が多くあります。チャンスは広がっているので、よりオトクに働くためにも自分を高める努力を怠らないようにしましょう!

ちょっと独特な「能力給」

最後に、パチンコホールにおいて見られる、ちょっと独特な福利厚生である「能力給(手当)」についても触れます。

通常は能力給といえば特別な資格(検定)を持った人に与えられる手当であることが多いのですが、パチンコホールにおいては「接客」や「防犯」など日々の業務のなかでその「働きぶり」を見て決められ付与される場合があります。これらは法人によってかなり幅広い例があるのですが、例えば店舗における導入機種の選定の担当者に付与される場合もありますし、あるいはSNSの運用担当者に付与される場合もあります。他にも車内放置児童の根絶のために駐車場の見回りを担当する社員に付与されたり、また面白い例では店内のマイクパフォーマンスが上手なスタッフに付与されていた、なんて話も過去はありました。

いわずもがな、これらは「有能なスタッフの定着率を上げる」ためにホールが慣例的に行っているもので、言い換えるなら「スタッフに少しでも多くの給与を払う」ためにある福利厚生であると言えます。従ってホールに入ると驚くほどの◯◯担当者(あるいは◯◯リーダー)という肩書があり、またそれらは概ね能力給(手当)がついています。

以上のように、パチンコホールは福利厚生が非常に充実しています。転職先を探す際にはついつい給与面だけで単純に比較してしまいがちですが、長い目で見ると福利厚生によって「働きやすさ」はもちろん「総支給額」も大きく変わるので、このあたりもしっかりと確認しなければなりません。パチンコホールに転職する際の参考になれば幸いです。

キャリアアドバイザーに相談する
キャリアアドバイザーに相談する