CHANCE UP

パチンコ転職知識

20代・30代へのアドバイス

パチンコ業界は多岐にわたるキャリアチャンスを提供する独特の分野です。20代または30代での転職は「若手から中堅」の立場におけるチャレンジを意味しますが、だからこそ本気でパチンコ業界で活躍するタイミングとして最も適した時期です。

パチンコ業界としても20代~30代は転職を受け入れる窓口は広く、有能な人材ならば喜んで採用するスタンスを持つ企業が多いでしょう。本記事では、20代~30代の方がパチンコ業界で転職する際に考慮すべきポイントと成功への道筋に焦点を当てます。

目次

パチンコ業界の理解

パチンコ業界は独自の文化とルールを持っています。パチンコ業界全体の仕組みや法的要件、トレンドなどを理解することが不可欠です。

まだ経験や知見が浅い20代~30代の働き手にとっては、周りにいるお客様や上司・同僚・部下が自分にとっての世界すべてに見えてしまいます。

しかし、それはパチンコ業界における具体的な事象の一つであり、一歩外に出れば今まで通じていた常識や経験が必ずしも通じるとは限りません。

あなたが今まで経験して学んできたことはたしかに有効で大切にすべきです。しかし、20代~30代でパチンコ業界の転職を志すならば、自分がパチンコ業界の一部に過ぎずもっと広い文化・ルール・トレンドがあることを自覚しましょう。

自己スキルの評価

次に、20代~30代である自分自身のスキルを評価しましょう。パチンコ業界には多岐にわたる職種が存在します。接客・販売、マーケティング、テクニカルサポート、データ分析など、パチンコ業界にはさまざまな職種が存在します。

その中で自分はどういったスキルを持ち、どう活躍してきたかを再評価することが必要です。ただし、それは「○○○○をやってきたから次も○○○○」といった選択をする単純なものではありません。

自分がどんなスキルを身に付けてきたかには、それが「得意だから身に付いた」「苦手だけど覚えた」「好きでいつの間にかできていた」などいくつものパターンがあります。これを振り返り再評価することで、パチンコ業界の中で20代~30代である自分が得意なのは何か、自分が目指したいものは何かが見えてきます。

パチンコ業界における自身の強みと興味を考慮して、どの分野に進むかを決定しましょう。今までと同じ職種を選び経験を活かすのも良いですし、自分の強みを活かして新たな分野に挑戦するのも良いでしょう。

ネットワーキング

パチンコ業界内でのコネクションは転職活動の鍵です。業界のイベントやLinkedInなどを活用して、20代~30代である自分から見ればプロフェッショナルである先達と繋がり、情報収集を行いましょう。

それは転職先を直接的に探すためのものではありません。ネットワークを広げてオンラインオフライン問わず人脈を広げることは有効ですが、信頼が築かれていない段階で相手先に転職を申し出るのはお勧めしません。

あくまで情報収集であり、パチンコ業界全体のトレンドや動向にアクセスしつつ自分にとってより良い転職のチャンスやアドバイスを入手するためのアンテナを広げる行為です。

20代~30代であるあなたがパチンコ業界内でのネットワークを広げる過程では、自分のパチンコ業界に向けた思いや、職歴・能力などを偽ることなく相手に伝えて信頼を勝ち取りつつ、相手にもメリットのある情報交換を心がけましょう。

経験の積み重ね

パチンコ業界では、未経験者を積極的に迎え入れるスタンスと、経験者を優遇するスタンスの両方があります。また、能力があり結果を残せば未経験者でも積極的に登用される風土があるのも、パチンコ業界ならではでしょう。これは20代~30代で転職を志すあなたにとって歓迎すべきものです。

しかし、転職においては経験があり即戦力で活躍できることが、転職先が採用するにあたって最も優遇されることは間違いありません。20代~30代で転職を検討するにあたっても、あなたが現職でやっている仕事を大切にしてパチンコ業界の転職先でアピールできるよう努めることも大切です。

パチンコ業界が未経験の場合でも、関連する経験を積むことができるフリーランスの仕事やボランティア活動を検討するのもよいでしょう。実践的なスキルの向上だけでなく、履歴書や職務経歴書にも良いアピールポイントとなります。

転職エージェントの活用

転職エージェントは、求人情報だけでなく、パチンコ業界の裏側や企業の文化についての情報も提供してくれます。信頼性のあるエージェントを選び、20代~30代であるあなた自身の希望条件に合った求人を見つける手助けとして活用しましょう。

もちろんパチンコ業界の転職活動の一助として、パチンコ業界特化の転職・求人サイト「CHANCE UP」もお勧めいたします。

スキルの向上と学習

パチンコ業界においては、技術や知識の向上は不可欠です。これらは20代~30代にとっては不利でパチンコ業界内で職歴を積むことでしか得られないと思われがちですが、必ずしもそうではありません。

パチンコ業界でも「遊技機取扱主任者」「店長・管理職能力開発講習」などの資格や講習があり、CHANE UP内のコラムでもご紹介しています。

また、パチンコ業界に特化せずともWORD・EXCELなど基本的なビジネスツール、Photoshop・Illustratorなどのグラフィックツール、Adobe PremiereやPowerDirectorなどの動画編集ツールなどが使用できるデジタルスキルは間違いなく歓迎されます。また、20代~30代はそういったデジタルスキルを習得していることをパチンコ業界でも期待されているのはたしかです。

以上、20代~30代におけるパチンコ業界の転職についてのアドバイスをお伝えしました。

まだ若くこれから職歴を積むあなたにとっては、転職はリスクが少なく「自分が本当にやりたいこと」を探す最大のチャンスです。

経験や知見が浅いことはデメリットではありますが、採用先にとっては当たり前でありそれを得ようとしている姿勢を伝えるのが大切です。また、今からでも積極的に学びネットワークを広げて自己を高めることが、20代~30代のあなたにとってプラスになることは間違いないでしょう。

キャリアアドバイザーに相談する
キャリアアドバイザーに相談する