パチンコ転職知識

パチンコ屋の給料は? 2024年版パチンコ屋の平均年収情報

パチンコ業界に興味を持っている方や、すでにこの業界で働いている方にとって、「給料」は非常に重要な要素です。

この記事では、パチンコ屋の平均年収に関する2023年時点での最新情報をくわしく解説します。

年代別、店舗別、新卒の給料情報や他業界との比較、さらに給料の上昇傾向についても触れていきます。

パチンコ業界の現状と将来展望を理解するための参考にしてください。

目次


パチンコ屋の平均年収は?

2024年時点のデータによると、パチンコ屋の正社員の平均年収は約533万円と言われています​ (年収ランキング | 職業別平均年収ランキング197選【2024年最新版】より)。

上記はあくまで平均であり、職種や地位、地域や勤務する店舗の規模によって年収は異なります。

年収の内容は、中間層をイメージすると以下の構成が予想されます。

  • 基本給:約25万円から30万円
  • 各種基本手当:約5万円から10万円
  • ボーナス:年間2回(給料の2ヶ月から3ヶ月分)
  • 他、深夜手当・休日手当・繁忙期の特別手当など

これは全国平均の年収と比較して高い水準にあります。国税庁の調査によると、日本全国の平均給与は約458万円、サービス業では約377万円です(国税庁 | 民間給与実態統計調査結果)。



パチンコ屋の年代別の平均年収

パチンコ屋の平均年収は、他の業種と同様に年代が上がるにつれて給料も上昇する傾向があります。

年代別のモデルケース

年代別の平均年収について想定されるモデルケースを挙げてみましょう。

20代前半の新卒社員の場合、平均年収は約300万円です。

30代になると平均年収は約400万円から500万円に上昇します​。

40代、50代では管理職に就くことが多く、年収は600万円を超えることもあります。これは、長く勤めることで得られる経験やスキルが給料に反映されるためです。

20代前半約300万円
30代約400~500万
40代~50代約500万~

例えば、入社1年目の社員の給与は、基本給約20万円、手当約5万円、ボーナス約50万円とすると、年収は約300万円になります。

入社5年目の30代社員の場合、基本給約30万円、手当約10万円、ボーナス約100万円で、年収は約500万円になります。

さらに管理職に昇進すると、基本給約40万円、手当約15万円、ボーナス約150万円で、年収は約700万円になります​。

口コミによる年代別の具体例

いくつかの口コミによる年代別の具体的な例は以下のとおりです(en ライトハウスより)。

 25~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45~49歳
株式会社マルハン385万円443万円491万円541万円633万円
株式会社ダイナム359万円425万円439万円498万円611万円
株式会社ガイア402万円415万円497万円519万円─ 
アンダーツリー株式会社385万円418万円453万円
NEXUS株式会社415万円413万円─ ─  
株式会社延田エンタープライズ430万円376万円473万円─ ─ 
※上記は口コミによる平均であり、サンプル数は異なります。



パチンコ屋の店舗別の平均年収

パチンコ屋の給料は、店舗の規模や所在地によっても大きく変わります。

大都市圏にある大型店舗では、給与水準が高い傾向にあります。

例えば、東京都内の大手チェーン店では年収400万円を超えるケースも多いですが、地方の中小店舗では年収300万円前後となることが多いです。

また、独立店舗よりもチェーン店のほうが給与水準も安定している傾向があります。

店舗別のモデルケース

店舗別の平均年収について想定されるモデルケースを挙げてみましょう。 同じパチンコ業界内でも、勤務先の規模や立地条件によって給与に大きな差が生じる傾向があります。

 基本給手当ボーナス年収
大都市圏の大型店舗約35万円約10万円約120万円約580万円
地方の小規模店舗約25万円約5万円約80万円約360万円

また、パチンコ業界では、チェーン店と独立店舗での給料にも違いがあります。

大手チェーン店では、統一された給与体系が採用されていることが多く、安定した収入が見込めます。

一方、独立店舗では、店舗ごとの経営方針や業績に応じて給料が決まるため、給与の変動が大きいことがあります。しかし、独立店舗では成功すれば高収入が得られる可能性もあります。

さらに、店舗の立地による影響も無視できません。

都市部の店舗は高い集客力を持ち、売上が安定しているため、従業員の給料も高めに設定される傾向があります。

一方、地方の店舗では、集客が難しい場合があり、その分給与も抑えられることがあります。したがって、勤務地の選択も給料に大きく影響を与える要素となります。

口コミによる店舗別の具体例

いくつかの口コミによる店舗(グループ)別の具体的な例は以下のとおりです(en ライトハウスより)。

株式会社マルハン457万円
株式会社ダイナム464万円
株式会社ガイア474万円
アンダーツリー株式会社401万円
NEXUS株式会社417万円
株式会社延田エンタープライズ415万円
※上記は口コミによる25~49歳の平均であり、サンプル数は異なります。



パチンコ屋の新卒給料は?

新卒でパチンコ屋に就職する場合、初任給はどの程度なのでしょうか。

一般的に、新卒の初任給は月額20万円前後となります。

これに加えて、各種手当やボーナスが支給されるため、1年目の年収は約250万円から300万円程度になります。

パチンコ業界では、新卒社員を積極的に採用しており、早期からキャリアアップのチャンスが提供されることが多いです。

新卒のモデルケース

新卒社員の給料として、以下のモデルケースが想定されます。

 基本給手当ボーナス年収
新卒モデルケース約20万円約3万円約30万円約270万円

上記に加えて、夜勤手当や休日手当が支給される場合、年収はさらに増加する可能性があります。 新卒社員は、早期から現場での経験を積むことが求められ、これにより迅速なスキルアップが期待されます。

パチンコ屋の給料:公開されている新卒初任給の具体例

Web上で公開されている新卒募集の具体的な初任給(月給)は以下のとおりです。

 大学院卒大卒短大・専門卒高卒備考
株式会社マルハン244,300円244,300円244,300円244,300円食事手当含む
株式会社ダイナム255,200円243,200円225,700円─ Nコースの場合
アンダーツリー株式会社250,000円250,000円250,000円─  
株式会社延田エンタープライズ─ 272,500円265,000円245,000円職務手当、住宅手当含む
株式会社 遊楽─ 310,000円─ ─  
※上記は一部をピックアップしたもので、空欄が必ずしも募集していない学歴とは限りません。詳細は各企業のHPをご覧ください。



パチンコ屋と他業界の給料を比較すると?

パチンコ屋の給料を他業界と比較するとどうでしょうか。

例えば、一般的なサービス業の平均年収が約377万円であることを考えると、パチンコ屋の正社員の平均年収は533万円であり、かなり高いことが分かります。

また、他のサービス業と比べても、パチンコ屋の給料は高めです。さらに、パチンコ業界は比較的安定しており、景気の影響を受けにくい点も魅力の一つです。

【業種別の平均年収】国税庁 | 民間給与実態統計調査結果より)

建設業5,291,000円
製造業5,327,000円
卸売業, 小売業3,840,000円
宿泊業,飲食サービス業2,682,000円
金融業, 保険業6,557,000円
不動産業,物品賃貸業4,569,000円
運輸業, 郵便業4,771,000円
電気・ガス・熱供給・水道業7,472,000円
情報通信業6,324,000円
学術研究,専門・技術サービス業、教育,学習支援業5,441,000円
医療, 福祉4,085,000円
複合サービス事業5,062,000円
サービス業3,765,000円
農林水産・鉱業3,366,000円
合計4,576,000円

いくつか具体的な他業界との比較をしてみましょう。

「宿泊業,飲食サービス業」の平均年収は約270万円、「卸売業, 小売業」の平均年収は約380万円です。これらと比較すると、パチンコ屋の平均年収は高めであることが分かります。

また、パチンコ業界では福利厚生が充実している企業が多く、社員寮や社宅、各種保険制度などが整っているため、トータルでの待遇は他業界と比べても良好です。

他業界と比較した場合、パチンコ屋の給料には特有の要素があります。

たとえば、パチンコ業界では夜勤や休日勤務が多く、その分手当が充実しています。このため、基本給は低めでも総合的な年収は他業界と同程度かそれ以上になることがあります。

また、パチンコ業界ではインセンティブ制度が導入されていることが多く、個人の業績に応じて給料が大きく変動することがあります。努力次第で高収入が得られる点が、他業界にはない魅力です。

特に、売上に直結するポジションに就く場合は、個人の頑張りがダイレクトに給料に反映されるため、やりがいを感じやすい環境です。

また、パチンコ業界は人手不足の傾向があり、転職の際に比較的簡単に仕事が見つかる点もメリットと言えます。


パチンコ屋の給料は上がっている?

近年、パチンコ業界では労働環境の改善が進められており、給料の見直しも行われています。

多くの店舗でベースアップが実施され、全体的に給与水準が上昇しています。

また、インセンティブ制度を導入する店舗も増えており、努力次第で大幅な収入アップが見込める環境が整いつつあります。

上記の例として、以下のニュースリリースがあります。


また、以下のような労働環境の改善も進んでおり、働きやすい職場作りが進められています。例えば、

  • フレックスタイム制度やリモートワークの導入
  • 定期的な研修やスキルアップセミナーの実施

これにより柔軟な働き方が可能となり、従業員の成長をサポートする体制が整っています。


まとめ

パチンコ屋の給料は、年代や店舗の規模、地域によって大きく異なります。

平均年収は約533万円で、年代が上がるごとに給料も上昇する傾向があります。

他業界と比較すると、パチンコ屋の給料はサービス業全体と比較して高めであり、安定した収入が得られる点が魅力です。

また、パチンコ屋の給料は各種手当やインセンティブが充実しており、個人の努力次第で大きく変動する点が特徴です。

新卒社員にとっても、早期からキャリアアップのチャンスがあり、将来的に高い給料を得ることが期待できます。

パチンコ業界でのキャリアを考えている方は、これらの情報を参考にして、適切な職場選びを行ってください。パチンコ業界の魅力と可能性を理解し、自分に合った働き方を見つけることが重要です。

これからパチンコ屋で働くことを検討している方や、すでに働いている方は、自分のキャリアを見直し、より良い働き方を追求していくことが大切です。 パチンコ業界での成功を目指して、積極的に情報収集を行い、自分に最適な職場を見つけてください。

#パチンコ転職知識 #パチンコ屋 #給料 #正社員 #年収

キャリアアドバイザーに相談する
キャリアアドバイザーに相談する
キャリアアドバイザーにLINEで相談する キャリアアドバイザーにメールで相談する キャリアアドバイザーに電話で相談する